ブログ|ちれまに review

まんがを読んだ感想とかレビューっぽいのとか。
ミニフィギュアやゲームもあるでよ。
 
PROFILE
商品検索
  • 楽天ブックス
    160万アイテムから本探し!
    1,500円以上で送料無料!


  • 楽天で探す
    楽天市場
ARCHIVES
トラックバックピープル
  • 「コミック感想♪」
  • 「マンガ、漫画」
  • 「漫画読んだ?」
  • 「読書日記」
RECENT COMMENT
おすすめ

  • アフィリエイトのA8.net
    登録無料!

  • 楽天ブックス。
    1500円以上で送料無料!
  • Click Here!
    本を売るならブックオフ
    30点以上で送料無料!
  • Click Here!
    本を買うのもブックオフ
    105円からのワゴンセールも充実
  • Click Here!
  • Click Here!
    おはなし絵本クラブ
    ためし読みもできますよ。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



- | | - | -
のび太とアニマル惑星(プラネット)/藤子・F・不二雄
映画ドラえもん―のび太とアニマル惑星
ドラえもん―のび太とアニマル惑星
藤子F不二雄

大長編ドラえもん第十弾。
のび太がある夜、ピンクのモヤに入ると2足歩行のしゃべる動物に出くわす。
ドラえもんやジャイアンたちは夢を見たんじゃないかとバカにするが、
そこから持ってきた”花”があり。夢じゃないことがわかる。
動物の暮らす星へ行き、犬のチッポと仲良くなるのび太達。
彼らの星の神話には月と悪魔”ニムゲ”の話が。

エコロジー色の強い作品ですが、
いつ消えるか、どこへ繋がるか判らないピンクのモヤの存在がハラハラ感を増し、
神話やニムゲの正体なども良く出来てると思いました。
でも出来れば裏山の話も決着させてほしかったです。
ママ達の意見が通り、裏山が守られて一件落着となれば、
もうちょっと話が引き締まった気がします。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



あしながおじさん達の行方(全2巻)/今市子
あしながおじさん達の行方(1)
あしながおじさん達の行方 (Vol.1)
今市子

あしながおじさん達の行方(全2巻)/今市子

施設育ちの春日(って名前)には月一回手紙をくれ、
資金の援助をしてくれる”あしながおじさん”がいる。
一言お礼をとその人を探しに出かけるが…。

恩人探しは一筋縄でいかなく、意外な展開となります。
決着したと思いきや、もう一波乱あったりと、
なんだかアドベンチャーゲームに出来そうな内容。
なかなか展開が複雑なので、
人物をちゃんと覚えてないと???となるかも。
わたしは物覚え悪いので何度も見返してしまいました。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



自虐の詩(文庫版 上下巻)/業田良家
自虐の詩 (上)
自虐の詩(上)
業田良家

一番最初に読んだ業田さんの作品は「執念の刑事」。
きっかけは忘れたけど、まんがを買い始めて
随分初期に買った覚えがあります。
刑事モノとメロンパンに惹かれたんだろか…。
続いて「世直し源さん」の「ヨシイエ童話」は面白かったけど、
「源さん刑事」の2巻を待てども出なかったのでそのまま遠ざかってました。
(けど、検索したら全2巻だって。出てたのか!古本でも見たことないや。)

置いといて、
「自虐の詩」文庫版は表題のオムニバス作品のうちの一遍らしいです。
上巻は幸江が不幸で同居のイサオがちゃぶ台を返す、
といういかにも業田さんぽい作風。ごく普通の4コマ。
けど下巻の過去話を織り交ぜて最終回で収束する展開はとても良かった。
こういうのはとても好きですが、しかしなぜこんなに話題になってるのか。
マンガ夜話で取り上げられたから?見てないのでわかりませんが。
そこまで絶賛されたのかなぁ。まぁ業田さん好きだから売れるのはうれしい。
んで、こんな今こそ「世直し源さん」を文庫化すべきかと。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



紅茶王子(全25)/山田南平
紅茶王子 (1)
紅茶王子(1)
山田南平

残念な作品。
面白いジャンって誉めたところで急降下。
修学旅行あたりで作者のやる気が薄れてる感じ。
1/4柱にも如実に表れてます。あんなに単行本向けサービスする人なのに。
新キャラだしたけど別に重要キャラでもなかったり、
伏線はったまま出ないキャラがいたり…。
最後に一コマくらい出すくらいでもだいぶ印象違うかなと思ったけど…。

読ませる力はあるので最終巻まで一気に読んじゃえます。
紅牡丹のとこは結構好き。
アルの脇役具合も好きです。
あと若宮のほっとかれ具合とか。
…うーん、つくづくもったいないなぁ。

お気に度:★★★☆☆

以下ちょっとネタバレ。
人間になる条件はあの設定だとちょっとなぁ、と思った。
紅茶王子は願いを叶えるまで無期限で帰れないから、
あそこまでムリして人間になる必要はないんじゃないかなぁ。
奈子とアッサムはともかくとして、
アルと昔の主人の間には寿命以外にどんだけの障害があるのか。

奈子とアッサムの一番の足かせはハルカかなと思ったけど、
なんかちょっと狭い視点で話が進んじゃったな、って感じ。
アルが最後まで居たまま終わるのもなんだかなー、うーん。


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



おたんこナース(文庫版 全5)/佐々木倫子(原案:小林光恵)
おたんこナース (1)
おたんこナース (1)
↑画像はワイド版です。文庫版のは画像ありませんでした。

新米看護婦の似鳥さんの話。
主人公の似鳥さんは、ドジでおっちょこちょいで題名通りなキャラ。
でも熱意だけは誰にも負けませんみたいな。

話は一話完結で病院モノで原案付きなせいか、
結構シリアスな話が多いですが、主人公の性格に加えて
要所要所にツッコミがあったりで、楽しく読めます。
手書き明朝体や静止絵のあの佐々木さん独自な表現もいい感じに作用してるかと。

新米ナースを題材にしたものなので、
短い巻数だけど終わりもすっきり纏まってると思います。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



上級生(全3)/宮川匡代
上級生 1 (1)
上級生(1)
宮川匡代

(借り物)
読んでいくとどんどんどうしようもないダメな過去が顕になりつつも、
最後はちょっと強引なハピーエンド!
これも「ONE」と同じに少女まんがまんがしてます。
多分リアルタイムで読んでてきゅ…んきゅ…んする人いっぱいいたんだろうなぁ。
意外と感情移入もできるし読みやすいです。


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



どろろ文庫版(全3)/手塚治虫
どろろ (1)
どろろ(1)
手塚治虫

父が魔物と契約したために奪われてしまった48ヶ所の体を取り戻す為に、
百鬼丸が魔物を倒す旅の話。

こないだ読んだブラックジャックが面白かったので、
ちょっと手塚作品をもうちょっと読んでみようと思いました。
…んで、3巻を読み終わったんだけど、一応完結してるけど未完じゃん。
勿体無いなぁ。

というのも、
旅をする→魔物があらわれる→ボスを倒す→体の一部が元に戻る
という連載向けな話に、
目的の魔物が48体で終わりが判りやすい上に作者にとっても続けやすい。
次の魔物はなんだろう?という楽しみもあり、
終盤に近づくにつれて、テンションもあがるし
それに父親やどろろのはなしやらも組み込んだりしたら、もうねぇ。
ちゃんと完結したら間違いなく筆頭代表作になっただろうに。
当時の時代背景とかわからんので、どういう理由だかわかんないけど、
不人気とかは無いはずだろけどなぁ。

で、読んでると「ベルセルク」を思い出されること度々。
とりあえず検索してみると、やっぱり同じことを思ってる人は結構いるらしい。
というか、作者自身が影響受けていると言っていたみたい。

「ベルセルク」には”触”とか色々違う要素はあるけど、
この手の話は今でも通用するんだなとおもったです。
こっちはちゃんと完結して欲しいものです。

48体の魔物を倒して普通の人間に戻った百鬼丸と、
天下を取るであろう父との対決、その後が見たかったなぁ。
つくづく勿体無い…。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



水色時代(全7)/やぶうち優
水色時代 1 (1)
水色時代(1)
やぶうち優

(再読)
たしかこれ、装丁が気に入って買ったんだよなぁ…。
自分で買った少女漫画第一弾として感慨深いのですが、
今でも読める内容なんじゃないでしょか。絵もきれいだし。
主人公のわがままっぷりが大好き。
嫌悪感ギリギリ抱かないくらいな絶妙なさじ加減なのです。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



True Romance(全6)/武内昌美
True Romance 1―花姫恋絵巻 (1)
True Romance―花姫恋絵巻 (1)
武内昌美

優希は元歌舞伎役者の父と実家との勘当を解いてもらう為に、
男装して歌舞伎役者になり…。
なんだか、少女まんがなのに悪役キャラがとても弱い。
というか悪役はいないのか?
少女まんがの悪役はもっとねちねちするべきだと思ったけど、
幸せならいいやって感じな幸せまんが。
こういうの好きです。

お気に度:★★★☆☆
掲載:小学館・少コミフラワーコミックス
サイズ:コミック・完結


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



陵子の心霊事件簿(全4)/篠原千絵
陵子の心霊事件簿 (1)
陵子の心霊事件簿 (1)
篠原 千絵

篠原さんの初期連載作品です。
読み終わって見ると地域的に狭い範囲の話なのねぇ。
ちょっと強引な部分があるです。
前半はタイトル通りな話だけど、後半はストーリ重視って感じ。
通して読むとそれほど違和感はないけど。
思ったより明るい話でした。

お気に度:★★★☆☆


ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。



<< 2 / 3 pages >>